事例紹介・コラム

NRI(野村総合研究所) × IES(インテリジェンス エグゼクティブ サーチ) 特別対談 次世代型エグゼクティブの創出 -エグゼクティブの育て方・迎え方- 第4回 育て方:エグゼクティブ・コーチングの効果(2)

永井 恒男 株式会社野村総合研究所 IDELEA(イデリア)チーム 事業推進責任者

Profile

-プロフィール
1997年、野村総合研究所に入社。2005年社内ベンチャー制度を活用し、エグゼクティブコーチングと戦略コンサルティングを融合した新規事業IDELEA(イデリア)を立ち上げる。現在は現在は経営トップの意識変革から始める全社変革コンサルティングを展開。
www.id.nri.co.jp

森 博也 株式会社インテリジェンス インテリジェンスエグゼクティブサーチ 事業責任者

Profile

-プロフィール
1996年に公認会計士第2次試験合格。同年より監査法人にて3年半勤務。M&Aアドバイザリーを経て2002年にインテリジェンス入社。以降、製造派遣の立ち上げや社長室長を歴任し、2011年4月よりエグゼクティブ領域の責任者として従事。

エグゼクティブとは何か。企業にとって、最適なエグゼクティブの育て方、迎え方とは何か。
そんな企業成長における永遠のテーマについて、エグゼクティブを育てるプロと採用するプロが徹底的に語り合う、全10回の特別対談企画です。

Guest - 田坂 吉朗 フリュー株式会社 代表取締役社長

大学卒業後、エンジニアとして立石電機株式会社(現オムロン株式会社)に入社。新規事業に携わる中で、プリントシール機が大ヒット。グループ企業、オムロン エンタテインメントを設立し社長に就任。2007年にMBOによって独立、フリュー株式会社を設立する。以降、プリントシール機事業、プライズ事業、携帯コンテンツ事業、家庭用ゲームソフト事業を展開する総合エンターテインメント企業を指揮する。

第4回 育て方:エグゼクティブ・コーチングの効果(2)

  • 1
  • 2
  • 3

大企業の子会社社長から、独立企業の経営者へ

今回も前回に引き続き、実際にエグゼクティブ・コーチングを受けた方に、エグゼクティブ・コーチングというものが具体的にどのような効果をもたらすのか、その生の声をお聞きしたいと思います。
今回お越しいただいたのは、プリントシール機や、アミューズメント施設用景品、モバイルコンテンツ、家庭用ゲームなどを企画開発、販売する総合エンターテインメント企業であるフリュー株式会社の田坂吉朗(たさか よしろう)社長です。

永井

現在は、田坂さん個人へのエグゼクティブ・コーチングだけではなく、フリュー様の組織全体を対象にしたお手伝いもさせていただいております。本日はどうぞよろしくお願いします。

田坂

こちらこそよろしくお願いします。

まずはエグゼクティブ・コーチングを受けようと思われた背景から教えていただけますか?

田坂

永井さんに初めてお会いしたのは2005年の11月でした。そのころの私は、オムロングループからMBOによって独立するのか、独立する場合はそのスキームをつくることができるのかなど、今後の事業のあり方を真剣に検討している時期で、正直言って不安で仕方なかった時期です。検討事項の一つに、今後はオムロングループの外に出るのだから、新会社としての“新しい幹”である企業理念をつくらないといけないというものがありました。しかし、私自身は企業理念をつくった経験がありませんでした。ですから、永井さんといろいろなことを話し合って、エグゼクティブ・コーチングの最初の1年近くはフリューの企業理念をつくるために、経営者としてなぜ事業をやっていきたいのか?どんな価値を誰に届けていきたいのか?などをセッションのテーマにしました。その過程で現在のフリューの事業づくりの根本的な部分が明確になりました。

初めてお会いする田坂さんは、永井さんの目にはどんな風に映っていたのですか?

永井

初めてお会いした時の田坂さんはMBOに向けてさまざまな準備をされていて、大企業の子会社から、独立した企業の経営者へと大きな転機を迎えられていました。実は初めてお会いする前に“田坂社長は経営コンサルタント嫌い”と伺っていたのですが(笑)、私自身も自分がコンサルタントとしてお役に立ち切れなかった経験があることなど、お互いに率直な話をする中で信頼関係ができていきました。経営や経営者にまつわるテーマを話し合いました。MBOの裏側は本当に大変なことが多いですが、エグゼクティブ・コーチとして2週間に1回お会いし、そのご支援をするようになりました。

「ねばならない」思考から「こうありたい」思考への転換

当時の田坂さんが経営者として企業理念をつくるにあたって具体的に課題だと思っていたことは何だったのでしょうか?

田坂

新しい会社でしたので「どんな理念でもつくれる」という自由が、逆に一番の課題であり、一番のプレッシャーでしたね。申し上げた通り、企業理念は新会社の幹にすべきだと思っていましたので、そう何度もつくり替えるわけにもいきませんし、本当に納得いく企業理念をつくらなければと思っていました。

最初に企業理念をつくるというのは、社員の皆さんからの要望だったのですか?

田坂

社員からは企業理念よりも事業戦略に対する期待や不安の方が大きかったです。正直に言うと、まず企業理念をつくるという考え方は「新しい会社をつくったのだから、企業理念くらいないと格好がつかないだろう。つくらなければならないだろう」という感覚から来ていました。ただ、そのようなものの考え方自体の転換がエグゼクティブ・コーチングにおいてもテーマになりました。

  • 1
  • 2
  • 3

第7回

エグゼクティブの実際
2014年3月3日公開
インテリジェンス エグゼクティブサーチのサービスをご利用いただく個人の方には、「DODA転職支援サービス」へのご登録が必要になります
転職支援サービスに登録(無料)

※「DODAエグゼクティブ」は、インテリジェンス エグゼクティブサーチがサービスを提供しております。

専任のキャリアコンサルタントが、エグゼクティブの皆さまに新たなステージをご提案します。
ご登録いただいた方に、スカウト関連など、最新の情報をご連絡します。

転職支援サービスに登録(無料)

インテリジェンス エグゼクティブサーチのサービスをご利用いただく個人の方には、「DODA転職支援サービス」へのご登録が必要になります。

※「DODAエグゼクティブ」は、インテリジェンス エグゼクティブサーチがサービスを提供しております。

DODAエグゼクティブ
DODAエグゼクティブ」は、インテリジェンス エグゼクティブサーチがサービスを提供しております。
DODAエグゼクティブ成功ガイド
自らの力で社会を変え、日本の未来を切り開いていくこと。生きがいと言えるような、誇れる仕事に出会うこと。エグゼクティブ成功ガイドには、そんなキャリアを描くための実例と情報が満載。