事例紹介・コラム

NRI(野村総合研究所) × IES(インテリジェンス エグゼクティブ サーチ) 特別対談 次世代型エグゼクティブの創出 -エグゼクティブの育て方・迎え方- 第3回 育て方:エグゼクティブ・コーチングの効果

永井 恒男 株式会社野村総合研究所 IDELEA(イデリア)チーム 事業推進責任者

Profile

-プロフィール
1997年、野村総合研究所に入社。2005年社内ベンチャー制度を活用し、エグゼクティブコーチングと戦略コンサルティングを融合した新規事業IDELEA(イデリア)を立ち上げる。現在は現在は経営トップの意識変革から始める全社変革コンサルティングを展開。
www.id.nri.co.jp

森 博也 株式会社インテリジェンス インテリジェンス エグゼクティブサーチ 事業責任者

Profile

-プロフィール
1996年に公認会計士第2次試験合格。同年より監査法人にて3年半勤務。M&Aアドバイザリーを経て2002年にインテリジェンス入社。以降、製造派遣の立ち上げや社長室長を歴任し、2011年4月よりエグゼクティブ領域の責任者として従事。

エグゼクティブとは何か。企業にとって、最適なエグゼクティブの育て方、迎え方とは何か。
そんな企業成長における永遠のテーマについて、エグゼクティブを育てるプロと採用するプロが徹底的に語り合う、全10回の特別対談企画です。

Guest - 大部 仁 日本プロセス株式会社 代表取締役会長

東京大学を卒業後、郵政省(現総務省)に入省。その後、イリノイ大学でコンピュータサイエンスを学び、ロースクールで弁護士資格を取った後、急逝した創業者である父の後を継ぎ、2003年、システム・インテグレーションおよびソフトウェア開発事業を展開する日本プロセスの代表取締役社長に就任。2013年6月に代表取締役会長に就任し、現在に至る。

第3回 育て方:エグゼクティブ・コーチングの効果

  • 1
  • 2
  • 3

準備期間ゼロで、右も左も分からないまま社長就任

今回は実際にエグゼクティブ・コーチングを受けた方をお招きして、エグゼクティブの悩みや課題に対して、エグゼクティブ・コーチングというものが具体的にどのような効果をもたらすのか、その生の声をお聞きしたいと思います。お越しいただいたのは、法人企業向けにシステム・インテグレーションやソフトウェア開発のビジネスを展開されている日本プロセス株式会社の大部 仁(おおぶ ひとし)会長です。この5月末までは同社の社長として組織を牽引されてきました。

永井

大部さんには、8年ほど前、当社のエグゼクティブ・コーチングを受けていただき、さらに経営陣合宿のファシリテーションもさせていただきました。その後も、個人的なお付き合いがあります。今日は、どうぞよろしくお願いします。

大部

いえ、こちらこそ。いいお話ができるかどうか分かりませんが、どうぞよろしくお願いします。

では早速お話を聞いていきたいと思います。初めにお聞きしたいことは、大部さんがエグゼクティブ・コーチングを受けてみようと思った背景です。当時、大部さんはエグゼクティブとしてどんな課題や悩みをお持ちだったのでしょうか。

大部

やはり当時の最大の課題は、自分としては思わぬタイミングで「社長」になったことです。日本プロセスの創業者である父が急逝したことがその理由です。私は大学卒業後、当時の郵政省に5年間勤めた後に退官し、アメリカに渡ってコンピュータサイエンスや法律を勉強していました。そして、「そろそろ帰国して就職先を探そう」と思っていた矢先に父が急逝しました。当初は会社を継ぐ気はなかったのですが、やはりこういう状況になると周囲からの要望もあり、自分がなるしかないと決意しました。

しかし、世の中のいわゆる経営者と違い、経営者になるために何の準備もしていなければ、経営に携わった経験もない。組織にいた経験ですら、5年程度しかない。最初は正直、あらゆることに困っていて、これからどうすればいいのか分からず途方に暮れていました。

どんな経緯で永井さんとはお会いになったのですか。

大部

ある証券会社の方から「永井という面白い男がいるから会ってみるといい」と言われてお会いしたのがきっかけです。エグゼクティブ・コーチングの専門家であるということで、「エグゼクティブ・コーチング」という言葉自体はアメリカ留学時代、聞いたことがありましたので、まずは興味本位でお会いしてみたという経緯です。

永井

大部さんに初めてお会いした頃は、野村総合研究所の社内ベンチャー制度を活用して、現在のIDELEAを立ち上げたばかりでした。最初、大部さんとお会いした時の印象は、設立して40年ほどの会社の経営者としてのある種の威厳、若さ、そして革新性を併せ持つ素敵な方というものでしたね。

会社の業績は好調ですし、大部さんご自身の国家公務員からアメリカ留学、社長就任という華々しい経歴は知っていたので、経営も簡単にこなしているかと思っていました。しかし、実態をお聞きすると非常に苦労されていることが分かりました。

大部

だから永井さんにお会いし、エグゼクティブ・コーチングの話を聞いたときは、まさに自分のためにあるようなサービスだと思いましたね。永井さんからも熱いお話をたくさんお聞きしました。ただ、永井さんとは仲良くなり過ぎてしまい、なれ合いになってしまうと良くないと考え、実際には違う方にコーチングしていただきました。

突きつけられた課題:「自分なりの組織マネジメントスタイルとは?」

先ほど「経営者になって、あらゆることに困って途方に暮れていた」と仰っていましたが、最も悩まれたことは具体的には何だったのですか。

大部

一言でいうと「自分なりの組織マネジメントのスタイルは何か?」ですね。例えば、社員からは魅力的な会社の経営方針を求められますし、株主に対しては成長戦略を示した中期経営計画を求められます。その時にどのようなスタンスで意思決定し、方針を出して、500名以上の社員や社外のステークホルダーを動かしていけばいいのか?例えば、創業社長である父のマネジメントスタイルは「自分が法律だ」と言わんばかりの典型的なオーナー型でした。でも、自分は父ではないので違います。しかし、自分なりのマネジメントのやり方を見つけるためには、当時はそもそもの「組織マネジメント」というものの経験が圧倒的に不足していました。だから、「何が自分のマネジメントスタイルなのか」に関しては、毎晩夜も眠れないくらい悩んでいましたね。

そんな大部さんに永井さんは、熱くどんなことを語ったのですか。

  • 1
  • 2
  • 3

第7回

エグゼクティブの実際
2014年3月3日公開
インテリジェンス エグゼクティブサーチのサービスをご利用いただく個人の方には、「DODA転職支援サービス」へのご登録が必要になります
転職支援サービスに登録(無料)

※「DODAエグゼクティブ」は、インテリジェンス エグゼクティブサーチがサービスを提供しております。

専任のキャリアコンサルタントが、エグゼクティブの皆さまに新たなステージをご提案します。
ご登録いただいた方に、スカウト関連など、最新の情報をご連絡します。

転職支援サービスに登録(無料)

インテリジェンス エグゼクティブサーチのサービスをご利用いただく個人の方には、「DODA転職支援サービス」へのご登録が必要になります。

※「DODAエグゼクティブ」は、インテリジェンス エグゼクティブサーチがサービスを提供しております。

DODAエグゼクティブ
DODAエグゼクティブ」は、インテリジェンス エグゼクティブサーチがサービスを提供しております。
DODAエグゼクティブ成功ガイド
自らの力で社会を変え、日本の未来を切り開いていくこと。生きがいと言えるような、誇れる仕事に出会うこと。エグゼクティブ成功ガイドには、そんなキャリアを描くための実例と情報が満載。