事例紹介・コラム

NRI(野村総合研究所) × IES(インテリジェンス エグゼクティブ サーチ) 特別対談 次世代型エグゼクティブの創出 -エグゼクティブの育て方・迎え方- 第2回 育て方:エグゼクティブ・コーチングの実際

永井 恒男 株式会社野村総合研究所 IDELEA(イデリア)チーム 事業推進責任者

Profile

-プロフィール
1997年、野村総合研究所に入社。2005年社内ベンチャー制度を活用し、エグゼクティブコーチングと戦略コンサルティングを融合した新規事業IDELEA(イデリア)を立ち上げる。現在は現在は経営トップの意識変革から始める全社変革コンサルティングを展開。
www.id.nri.co.jp

森 博也 株式会社インテリジェンス インテリジェンス エグゼクティブサーチ 事業責任者

Profile

-プロフィール
1996年に公認会計士第2次試験合格。同年より監査法人にて3年半勤務。M&Aアドバイザリーを経て2002年にインテリジェンス入社。以降、製造派遣の立ち上げや社長室長を歴任し、2011年4月よりエグゼクティブ領域の責任者として従事。

エグゼクティブとは何か。企業にとって、最適なエグゼクティブの育て方、迎え方とは何か。
そんな企業成長における永遠のテーマについて、エグゼクティブを育てるプロと採用するプロが徹底的に語り合う、全9回の特別対談企画です。

第2回 育て方:エグゼクティブ・コーチングの実際

  • 1
  • 2
  • 3

エグゼクティブ専門のコーチングがあるという事実

前回の対談後、永井さんのエグゼクティブ・コーチングを実際に受けました。その話は後ほどとして、今回は「エグゼクティブ・コーチングとは何か」について詳しくお聞かせいただきたいと思っています。

永井

はい、よろしくお願いします。

まずは通常のコーチングとエグゼクティブ・コーチングの違いを教えていただけますか。

永井

コーチングというのは、コーチが相談者の話をじっくり聞き、質問を繰り返すことで、相談者に今までと違った角度から自身を見つめ直してもらう行為です。代表的なのはライフコーチングと呼ばれるもので、体調、家庭、友人、キャリア、仕事など、人生全般の悩みの相談を受けます。心理カウンセラーが、ライフコーチも兼ねていることもあります。

もう一つが、ビジネスコーチングです。エグゼクティブ・コーチングは、この一分野と理解していただければと思いますが、ビジネスコーチングはライフコーチングと違って、経営判断やその実行についてのコーチングを行います。そして私たちが提供しているエグゼクティブ・コーチングは社長や役員クラスの方々を対象に、企業経営や戦略レベルの相談を受けています。ちなみに欧米では、社長・役員クラスをエグゼクティブの中でも上位層を表すシニアエグゼクティブと呼ぶので、我々のサービスはシニアエグゼクティブコーチングと呼ばれます。

なるほど。ただ、ライフコーチングとビジネスコーチングは、明確に切り分けられるものでしょうか。生活と仕事は、お互いに影響し合うものだと思うのですが。

永井

そうです、実際は明確には分けられませんね。私たちのエグゼクティブ・コーチングがライフコーチング寄りになることもあります。お客様の中には「これから社長になるにあたって、自己管理能力をより一層高めたい」という理由でコーチングを受ける方もいます。例えばストレスマネジメントの能力です。このような経営者クラスの個人的な悩み、いわばライフコーチング寄りの悩みが、その会社の今後のビジネスに大きな影響を及ぼすと判断した場合は、そこまで踏み込んだコーチングをします。

ストレスマネジメント力って、向上するものなのですか。

永井

すぐに感情的にカッとなってしまうエグゼクティブがいるとしましょう。コーチングの一つの手法として、怒りでカッとなるプロセスを細かく区切って、怒る前にどんな状況にあることが多いのかを一緒に分析します。そうすると、その人が感情的になる原因が見えてくるんです。例えば、「睡眠時間が短くて疲れているときに部下に反論された」ことや、「せっかくプランを立てたにもかかわらず、不測の事態が発生してしまい実行できなかった」などのように。このような場合に一つ有効なのが「プロセスの中断」です。カッとなるプロセスの前にガムを噛んだり、深呼吸をすることで、一連のプロセスを切断します。実際、この対処法を繰り返して、ストレスマネジメント力が向上し、社長としてご活躍した方もいました。

そうなんですね。日本では現在、ビジネスコーチと呼ばれる人はどれぐらいいるのでしょうか。

永井

ざっと数百人程度でしょうか。社内でコーチを育てている企業もあります。ただ、私たちのように専門職としてサービスを提供しているのは、感覚的には百人ぐらいだと思います。

永井さんのように経営コンサルタントから、エグゼクティブコーチになる人は多いのですか。

永井

意外と多くありません。経営コンサルタントもエグゼクティブコーチも、企業の経営者クラスをお客様とするという意味では似ていますが、アプローチが全く異なりますので。

そんな中で、永井さんはそもそも、どうしてエグゼクティブ・コーチングに興味を持ったのですか。

永井

論理的な正しさだけで提案しても、成果に結びつかない経験があったからです。あるお客様に3カ月を費やしてA案という成長戦略プランの提案書を書き上げました。A案のロジックは誰がどう見ても完璧です。しかし、その案は採用されなかった。その時、私は「コンサルティングのアプローチ方法だけでは、この戦略の魅力を十分に伝えることができない」と痛感したのです。

もちろん提案している内容は、社外のコンサルタント作った戦略プランですから、それに会社の運命を託せないというのはよく分かります。それ以上に決定的だったのは、そのA案にはその会社の経営者の価値観や目指す姿が反映されていなかったことでした。どのような案であれ、その戦略的な正しさは必要ですが、それ以上に「経営者や社員の方々自身が本当にやりたいことは何か?」という観点が盛り込まれていないと、最終的に機能しません。ではどうすれよいのかと考えていた時に、経営コンサルティングとは異なったアプローチをしてみよう、経営者が「本当に情熱を持って取り組みたいことは何なのか?」ということの探求や意思決定をサポートする仕事をしてみようと思ったのです。これが最初のきっかけです。

  • 1
  • 2
  • 3

第7回

エグゼクティブの実際
2014年3月3日公開
インテリジェンス エグゼクティブサーチのサービスをご利用いただく個人の方には、「DODA転職支援サービス」へのご登録が必要になります
転職支援サービスに登録(無料)

※「DODAエグゼクティブ」は、インテリジェンス エグゼクティブサーチがサービスを提供しております。

専任のキャリアコンサルタントが、エグゼクティブの皆さまに新たなステージをご提案します。
ご登録いただいた方に、スカウト関連など、最新の情報をご連絡します。

転職支援サービスに登録(無料)

インテリジェンス エグゼクティブサーチのサービスをご利用いただく個人の方には、「DODA転職支援サービス」へのご登録が必要になります。

※「DODAエグゼクティブ」は、インテリジェンス エグゼクティブサーチがサービスを提供しております。

DODAエグゼクティブ
DODAエグゼクティブ」は、インテリジェンス エグゼクティブサーチがサービスを提供しております。
DODAエグゼクティブ成功ガイド
自らの力で社会を変え、日本の未来を切り開いていくこと。生きがいと言えるような、誇れる仕事に出会うこと。エグゼクティブ成功ガイドには、そんなキャリアを描くための実例と情報が満載。